« 日本ニーム協会 3周年記念講演会 (2004.04) | トップページ | インドで学校建設とニーム植林 -日本ニーム協会- (2004.07) »

2004.12.22

地元・高知にニームの里を -前参議院議員の平野貞夫氏- (2004.07)

04-07-204-07-104-07-3 今、ニームのすばらしさが国会議員の間に広がっている。その発信源は民主党の元参議院議員の平野貞夫氏。議員時代には、仲間の議員や来客に必ず紹介した。まさに政界のニーム伝道師だ。
 平野氏とニームの出会いは一昨年。地元高知の幡多地方(県西部、土佐清水市、宿毛市、中村市など)が集中豪雨で農業に壊滅的な打撃を受け、何か地元に役立つものはないだろうかと思っていたときにニームを紹介され、そのすばらしさにほれ込んだ。ご自身でも自宅に植えたり、葉をお茶にしたりお風呂で使ったりと、ニームが生活の一部になっているという。
 早速、種を入手し一昨年8月に播種。余っているハウスを活用し実験的に地元の農家で栽培した。挿し木で苗を増やし今では1万本の苗木ができた。
 ニームには衣食住ほか様々な用途があるが、平野氏は「口に入れるものは国内で作ったニームでまかないたい」とし、地元をニームの原料供給地にして地域振興に役立てたいと考えている。
 7月16日には日本ニーム協会の稲葉会長と初めて会い意見交換し、今後ニームの活用や展開について協力関係を進めてゆくことを確認した。
 高知に新たな「ニームの里」が誕生する日も近いと思われる。

|

« 日本ニーム協会 3周年記念講演会 (2004.04) | トップページ | インドで学校建設とニーム植林 -日本ニーム協会- (2004.07) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69981/2340581

この記事へのトラックバック一覧です: 地元・高知にニームの里を -前参議院議員の平野貞夫氏- (2004.07):

« 日本ニーム協会 3周年記念講演会 (2004.04) | トップページ | インドで学校建設とニーム植林 -日本ニーム協会- (2004.07) »