« 国際協力フェスティバルでニームを紹介-日本ニーム協会-(2004.10) | トップページ | インド・ニーム植林ツアー開催-日本ニーム協会-(2004.12) »

2005.01.19

NPO日本ニーム協会が平成16年度報告会を開催(2004.10)

a2a1 NPO日本ニーム協会は10月21日、同協会平成16年度報告会を行った。
 報告会では、同協会の稲葉会長より今年度の活動について、①ニームの特定農薬問題②インド・ブッダガヤでの学校建設とニーム植林③国連工業開発機関(UNIDO)東京事務所による、ブッダガヤ学校建設に対する日本ニーム協会への後援④国際協力フェスティバルでのニームの紹介・PR活動等が報告された。
 この中で、特定農薬問題については、農林水産省の担当部署から同協会に対して問い合わせがあり、8月26日に農林水産省、環境省、同協会の3者で会合が持たれた。詳細は明かされなかったが、稲葉会長によると「一年前には箸にも棒にも触れなかったが、行政としても特定農薬として検討する俎上にあがったということ」と説明し、ニーム農業資材の特定農薬指定に向けて進んでいることを強調した。ニームを農業に使用することは、使用者個人の責任において何ら問題はない。当日、秋田県大潟村から参加した㈱ゆうきの村上社長(ニーム資材販売とお米の産直販売)からは、稲作の虫除けに利用しているほか、稲苗作りやメロン栽培のハウスの周りや米の倉庫にニームパウダーを散布すると、虫やねずみが寄らなくなる、と発表があった。
 医療分野では日本大学医学部でニームの抗ガン作用のメカニズムについて、研究が行われていることが紹介された。
 また、報告会には前参議院議員の平野貞夫氏が、高知ニームの会会長として出席し、同氏とニームのこれまでの経緯、中村市周辺でニーム栽培が始まっていることや、糖尿病患者にニームのお茶を飲ませて病状が改善していることなどを報告。さらに、ニームで地場産業興しに取り組むと強調した。
 引き続きパネルディスカッションに移り、参加者からは「バナナ栽培にも利用可能か」「ゴキブリ駆除はできるか」等多くの質問が聞かれ、同協会顧問の大東宏氏らからそれぞれ回答した。
 また、ニーム協会ソング「サバ・ニーム」が完成し、この曲を歌う歌手のアユカさんから披露された。その他、会場内には農業資材、化粧品、石鹸などのニームを活用した商品が展示販売され、多くの参加者が手に取っていた。

|

« 国際協力フェスティバルでニームを紹介-日本ニーム協会-(2004.10) | トップページ | インド・ニーム植林ツアー開催-日本ニーム協会-(2004.12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69981/2623104

この記事へのトラックバック一覧です: NPO日本ニーム協会が平成16年度報告会を開催(2004.10):

« 国際協力フェスティバルでニームを紹介-日本ニーム協会-(2004.10) | トップページ | インド・ニーム植林ツアー開催-日本ニーム協会-(2004.12) »