« 機関誌でニームを紹介-国連工業開発機関(UNIDO)東京事務所- | トップページ | Neem(ニーム)って何だ?-環境と共生・共存した社会生活が実現- »

2005.01.19

福島でニームの露地栽培を実践-㈱ナチュラルプロダクツ・大矢社長-

04.12.104.12.3

 「インド原産のニームが福島で露地栽培されている」。㈱ナチュラルプロダクツの大矢泰司社長は、20年以上前からニームを研究、栽培する日本の第一人者。アーユルヴェーダ(インドの伝承医療)に必要な薬草の一環としてニームを始めた。
 沖縄を除く国内でニームが越冬したという情報は数少なく、早速、福島へ話を聞きに行った。
 大矢社長は福島市飯坂に温室(アーユルヴェーダ薬草園)があり各種の薬草を栽培している。その一つとしてニームを栽培し、一部を露地で育てている。日本の気候に合うように、インドでも標高が高く寒い地方で育っているニームを取り寄せている。現地は雪が1㍍以上積もり氷点下にもなる場所で、そんなところでニームが露地で植わっているのは驚きだった。
 早速露地のニームを見せてもらった。3年目の木で昨冬から露地に植え越冬したそうだ。取材した12月上旬でも青々として葉が繁り、今冬も無事に越冬するだろうということだった。また、脇には1年目のニームがワラに包まれていた。今年初めて越冬させるための処置ということだった。大矢氏によると、1年目には樹全体をワラで包み、2㍍以上成長し幹が太くなれば、幹を中心に半径1㍍位敷き藁をして、地温が下がらないような配慮をするとよいそうだ。
 日本での耐寒性が備われば、様々な用途の可能性も高まるのではないだろうか

|

« 機関誌でニームを紹介-国連工業開発機関(UNIDO)東京事務所- | トップページ | Neem(ニーム)って何だ?-環境と共生・共存した社会生活が実現- »

コメント

草間章宏様こんにちは。

コメント有難うございます。
ニームの種の原産地ですが苗の購入先はマグー健康ショップ、で卸元は日光種苗株式会社だと思います(苗に日光種苗株式会社のタグが付いていたので)。
以前マグー健康ショップにニームの種の原産地をメールで尋ねたところ、インドで取れた種をタイで発芽させたものを千葉県の温室で養生させたものと言う返答を戴きました。
先日藁が手に入りましたので炭が購入できたらもう一鉢路地植えしてみたいと思っています。草間様の根の伸び方の推測が当たっていれば面白い結果が出ると思います(今回露地植えした物は私の怠惰さから真っ直ぐ根が伸びなくなってしまっているので)。
我が家のニームですがハウスよりも路地植えの方が葉の黄変の量が少ないです。路地植えの写真をブログに掲載しましたのでよければ見てください。
それではまた。


投稿: 石川 剛理 | 2007.11.06 06:39

石川さま
コメントありがとうございました。
露地栽培に挑戦させるそうですね。
うまくいくことを願っております。
石川様が育てているニームの種の原産地は
どこでしょうか?それによっても違って
くると思います。
石川様は裾野市ですよね。氷点下になる日も
あるでしょうから、土中にも温度対策が必要
と思います。炭の粉などの保温効果が期待
できる資材も入れてみてはどうでしょうか。

それから支柱がないと折れてしまうということ
ですが、これは私の推測ですが、鉢植えですので
養分となる土の量が少なく、しかも根が深くまで
いきませんので、上へ早く伸びようとするのでは
ないでしょうか。

高知でハウス内で育てているニームを見ましたが、
そこは支柱が無くても3メートル位まで育って
いました。

私の事務所のニームも支柱がないと恐らく、
曲がってしまうでしょう。

ご参考になればと思います。
もし機会があればぜひ、露地植えされたニームを
見に行かせてください。

では。

投稿: 草間章宏 | 2007.11.05 06:52

草間章宏様こんにちは。

「福島でニームの露地栽培を実践-㈱ナチュラルプロダクツ・大矢社長-」のコメントを読み私も露地栽培を1鉢ですが10/31に実行して見ました、無事春を迎えられると良いのですが。
ところで我が家のニームですが背丈は2メートル位で幹は2~3センチなのですが、支柱の補助が無いと地面から15センチ位の所で曲がり寝てしまいます、これは普通の事なのでしょうか?何か情報がありましたら教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

投稿: 石川 剛理 | 2007.11.03 14:38

森下克介
コメントありがとうございます。
ニームの露地栽培に挑戦したいということですが、
日本では種から育てる場合、最初から露地栽培は
難しいと思います。
最初は鉢植えで2年くらい育てて、それから露地植えに
するとよいと思います。
鉢植えでも夏場は外に出して育てると、2年で樹高2m位、
幹の太さが直径1cm位に育ちます。
冬場はなるべく外気の届かないところに置いてください。
窓際の外気温が伝わるところでは、寒さで弱ってしまうことがあります。また、冬に葉がすべて落葉することもありますが、
そのまま翌春を迎えれば新しい芽が出てきます。

簡単ですが、こんな感じです。
何かございましたら、いつでもコメントください。
では。

投稿: 草間章宏 | 2007.08.28 10:11

前略

最近[ニーム]の名前を聞きました。

「露地栽培」が出来たら種々試してみたいと思います。

こちらは、静岡県大井川町(今度、合併で焼津市になります)です。
冬季は氷点下になる日は数日程度、霜の降りる日も数日程度です。
但し、空っ風は強く、そのため、家々には立派な「槙の垣根」が出来ています。

露地栽培に挑戦したいのですが、ぜひ何方かご指導ください!!

「環境を考える一人」

19-8-28日

森下克介

tel/fax 054-662-0057
Email morikatsu@palette.plala.or.jp

投稿: 森下克介 | 2007.08.28 07:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69981/2623212

この記事へのトラックバック一覧です: 福島でニームの露地栽培を実践-㈱ナチュラルプロダクツ・大矢社長-:

» ミラクルニーム [楽天館@珈琲たいむ]
うちの会社、田舎にあるからか?とにかく虫が多い。最近はみないけど、一時はかめむしが異常発生したり、ヤスデが異常発生したり・・・TTしかも、夏になると、わけもわからずくわれるのよねぇ〜もう、かゆくてたまらない。><しらないうちに・・・というのが不思議で。。...... [続きを読む]

受信: 2005.07.31 06:54

« 機関誌でニームを紹介-国連工業開発機関(UNIDO)東京事務所- | トップページ | Neem(ニーム)って何だ?-環境と共生・共存した社会生活が実現- »