« 昆明散策 | トップページ | 11月13日 会議2日目&展示会の模様 »

2006.11.13

国際ニーム会議2006 開幕 【11月12日】

Photo_6 いよいよ会議初日。
 午前8時30分から紅塔体育センターの体育館で開会式が行われた。主催者の雲南省林業局をはじめUNIDO及び雲南省の副省長らが開会の挨拶をした。引き続き全体で記念写真を撮影したのち、場所を隣接する望湖賓館(ホテル)に移し会議に入った。

 Photo_7
 はじめに雲南省の森林開発セクションのWU Ding-guo氏より、雲南省のニーム植林および開発の概要が発表された。それによると、雲南省でのニームは1995年から省内の温暖な乾燥地に植林が始まり、現在23,000haにまで植林面積が広がっており、ニームに関すPhoto_14る仕事に従事する人は全体で8万人にも達しているという。
 会議は主にニームオイルの成分とその効能に関するものが多く、世界の潮流がそうした方向に進んでいることが伺えた。しかし、その一Photo_13方で発表したイギリスのキール大学のE.Devid.Morgan教授は、こうした成分単体の薬効を求めるといった流れに異を唱え今の状況が続く限り除虫菊市場を上回ることはできないだろう、と指摘した。
 その他、世界各国から参加した研究者等から発表が行われた。
 また、会場にはニーム関連商品を並べた展示ブースが設けられ、地元雲南省の企業のほか、雲南省の森林研究機関、インドの企業、ドイツと中国の合弁企業などが自社の商品および研究内容を紹介していた。
 初日の会議終了後にはレセプションパーティーが執り行われ、これから3日間の会議に向けて参加者同士の交流を深めた。

 初日の講演テーマと講演者は以下の通り。

1. Design on the Development of Industry Programming of Azadirachta indica in Yunnan
Mr.WU Ding-guo, Yunnan Provincial Department of Forestry

2. Holistic Approach to Neem (Azadirachta indica) Development
Dr.Bala sugavanam, UNIDO

3. Standardisation of Neem-extracts
Dr.Hubertus Kleeberg, Trifolio-M GmbH, Germany

4. A Comparative Study of Natural Pesticides: Why Do Neem Products Lag Behind?
Prof. E.david. Morgan, Lennard-Jones Laboratory, School of Chemistry and Physics, Kleele University, UK

5. Reseach on Azadirachta indica and its Planting at RIRI, CAF in Yunnan, China
Prof. LAI Yong-qi, The Resarch Institute of resource Insects, CAF, China

6. Neem as a Natural Resource in Sustainable Plant Protection: Extraction, Purification, Characterization of Azadirachtin, and Use of Neem Oil in Diabrotica Pest Management
Prof. Dr. Hans E. Hummel, Organic Agriculture, Justus-Liebig-University, Germany

7. Potentiation Effects of Some Non-azadirachtin Limonoids in Neem against Lepidopteran Larvae
Dr. Opender Koul, The General Secretary, Society of Biopesticide Sciences, Insect Biopesticide Research Centre, India

8. Prospects in Development Eco-friendly Biopesticides from Neem (azadirachtab Indica) in Nigeria
Dr. Amadioha, Anderson Chidi, Department of Crop Protection, Michael Okpara University of Agriculture, Nigeria

9. High added value applications of Neem (Azadirachta indica A. Juss) derived products
Dr. S. Andrew van Der Esch, ENEA. A, C. R. Casaccia, Rome, Italy

10. Azadirachta indica---a Continuing Source of Exciting New Chemistry and Potential Uses
Prof. Dr. Bina S. Siddiqu, Hej Research Institute Of Chemistry, University of Karachi, Pakistan

11. The Mode of Action of Azadirachtin --- Ecdysteoid Receptor, EcR
Prof. DU Jia-wei, Institute of Plant Physiology and Ecology, Shanghai Institute for Biological Sciences, CAS

|

« 昆明散策 | トップページ | 11月13日 会議2日目&展示会の模様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69981/12666716

この記事へのトラックバック一覧です: 国際ニーム会議2006 開幕 【11月12日】:

» ニーム入練歯磨ベンガニーム 2本セット [ニーム入練歯磨ベンガニーム 2本セット]
@ 歯が真珠のように真っ白 @  [続きを読む]

受信: 2006.11.19 22:22

« 昆明散策 | トップページ | 11月13日 会議2日目&展示会の模様 »