« 国際ニーム会議2006 開幕 【11月12日】 | トップページ | 11月14日 会議3日目&視察地移動(3日目) »

2006.11.30

11月13日 会議2日目&展示会の模様

Photo_27 引き続き2日目も会議が行われ、朝8時から夕方6時まで昼食や休憩をはさんで14人が発表した。
 展示会も並行して行われ、休憩等の時間には参加者らが展示ブースを訪れ、関係者とニームについて話し合い場面が見られた。
 2日目の講演テーマ、講演者及び展示会の模様は「続き」の通り。

 2日目の講演テーマ、講演者は以下の通り。

12. Development, Evaluation, Production and Application of Eco-friendly Neem-Based Pesticides---An Indian Experience
Dr. Y. P. Ramdev, UNIDO/Renpap

13. Sonud Organization of the Government Being a Base for Neem Industry's Rapid Development in Yunnan
Mr. ZHAO Yuan-fan, Yunnan Institute of Forestry Inventory and Planning, China

14. Pancreatic Beta Cell Regeneration: a Probable Parallel Mechanism of Anti-hypoglycaemic Action of Vernonia Amygdalina Del and Azadirachta Indica
Prof. Patrick Ebong, Department of Biochemistry, College of Medical Sciences, University of Calabar, Nigeria

15. Potencial Application of Microwaves in Neem Industy
Dr. Vijaya Raghaven, Department of Bioresoruce Engineering, Macdonald Campus of McGill University, Canada

16. The Introduction of Azadirachta Indica inYunnan and its Yield and Azadirachtin Content in Seed
ZHANG Yan-ping, The Research of resource Insects, CAF, China

17. Neem for Relieving Human Sickness and Disease
Neem for Sustainable Integrated Pest and Vector Management
Dr. Ramesh C Saxena, Neem Foundation & Trustee Eco Development Foundation, India

18. National Action Plants and Management of Pesticide POPs in the Republic of Guinea
Mr. Conde Souleymane, UNIDO National Consultant for Medicinal, aromatic and pesticidal plants Ministere de I' Environment 【Minstry of Environment】

19. New Formulations for Neem pesticides in the 21 century
Prof. HONG chuan-yi, NPFC, China

20.Field evaluation of Azadirachtin and Bacillus thuringiensis, Subspecies Aizawai against Plutella xylostella (L.) in Cabbage
Dr. De-ling Ma, Eco Global Pest Solution Australia;
Dr.Malcolm Wegener, School of Natural and Rural Systems Management, the University of Queensland)

21.Determination of Azadirachtin A in NeemAzal Technical and NeemAzal-T/S by RP-HPLC
Dr. Beate Ruch, Trifolio-M GmbH, Germany

22.Neem and Entomophages: Impact and Strategies in Pest Management
Prof. S. Raguraman, Department of Agricultural Entomology, Agricultural College and Research Institute, Tamil Nadu Agricultural University, India

23.Neem in Panzhihua, Sichuan Province
Mr. XIE Pei-hui, Chengdu Green Gold Biological Science and technology Co.,Ltd.

24.Evaluation of NeemAzal T/S 1% against Whitefly Bemisia tabaci gennadius on Tomato
Prof. P. Sivasubramanian, Professor(Education) Office of the Dean(Agriculture) Tamil Nadu Agricultural University Coimbatore - 641003 Tamil Nadu India

25.The Industrialization of Neem Plantation on Yunnan Province----our Experiences
Dr. WANG Jing-song, Yunnan Guangming Neem Industrial Development Co., Ltd, China


 展示会では各社それぞれの開発商品が展示・紹介された。

12 雲南中科生物産業有限公司の展示ブース。
 ブース内には自社のニームへの取り組みを紹介するとともに商品のサンプルも展示した。農薬的な商品のほかにも石けんやシャンプーなどのPhoto_15Photo_16日用品に活用されている。なお、同社は、各種商品の原料メーカーで自社ブランド商品はない
 同社の会社案内。

 Photo_17Photo_18
 雲南光明印楝産業開発股份有限公司のブース。 この会社の展示は農薬的資材がほとんどだった。
 Cd
 ブースで配布していた会社案内のDVD。

 Photo_19Photo_20
 中国林業科学研究院資源昆虫研究所の展示ブース。ニームの種や苗木などを展示。ブースでは『印楝栽培』(頼永ネ其 著)という本が配布していた。なお、著者の頼永ネ其氏は雲南印楝(ニーム)協会の会長でもある。
 Photo_21
 Trifolio-M GmbH 社のブース。ドイツと中国の合弁企業。アザジラクチンのエキスを元にした農薬的資材を紹介した。


 OzoneOzone_1
 OZONE社(インド)のブース。配布していたパンフレットにはニームオイル(農薬的資材)、ニームケーキなどが紹介されている。


Photo_22Photo_23 Fortune Biotech 社(インド)のブースとチラシ。

|

« 国際ニーム会議2006 開幕 【11月12日】 | トップページ | 11月14日 会議3日目&視察地移動(3日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69981/12880425

この記事へのトラックバック一覧です: 11月13日 会議2日目&展示会の模様:

« 国際ニーム会議2006 開幕 【11月12日】 | トップページ | 11月14日 会議3日目&視察地移動(3日目) »