« 11月15日 ニーム栽培地視察(会議4日目) | トップページ | 世界ニーム会議 2007 来年11月にインドで開催 »

2006.12.08

国際ニーム会議を終えて

2_3 11月12~15日までの開催された「国際ニーム会議2006 中国・昆明」は、成功裡に終了しました。会議自体の運営は素晴らしく、プレゼンテーションもスムーズに進みました。会議の内容は農業分野がほとんどで、医薬分野やその他の用途についての発表はありませんでした。【写真は会議のスタッフ(中国昆明西南林学院の学生)ら】

 今回の会議では、農業用の資材を製造販売しているメーカー関係者の発表がいくつかあり、自社製品の昆虫への影響などの実験結果を示す内容があったほか、アフリカ諸国の発表者は、自国内のニームの状況や利用法など体験談的な内容であった。
 残念なのは、ニーム含有成分が人体にどのような影響を示すか、といった内容の発表が無かったことです。雲南ニーム協会の頼永ネ其氏が書いた中国語の書籍『印楝栽培』には、外用として各種の皮膚病への使用法が載っているほか、内服すると結核や糖尿病、ガン、高血圧、咳止めなどへの服用方法が書かれていた。
 人体利用への研究がさらに進むことを望みたい。

|

« 11月15日 ニーム栽培地視察(会議4日目) | トップページ | 世界ニーム会議 2007 来年11月にインドで開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69981/12981629

この記事へのトラックバック一覧です: 国際ニーム会議を終えて:

« 11月15日 ニーム栽培地視察(会議4日目) | トップページ | 世界ニーム会議 2007 来年11月にインドで開催 »