« 9月10日(木)に第2回目のニームシンポジウムを開催 | トップページ | バリ島で売っていたニームの蚊除け »

2009.09.11

農薬補完利用とシロアリへの効果について、2氏の講演

第2回ニーム利用研究シンポジウムが開催

 ニームコンソーシアムは9月10日、東京・有楽町の糖業会館で第2回ニーム利用研究シンポジウムを開催した。2回目となる今回のシンポジウムでは、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構東北農業研究センターの山下伸夫カバークロップ研究チーム長と、独立行政法人森林総合研究所木材改質研究領域木材保存研究室の大村和香子主任研究員の2氏の講演が行われた。
 山下氏は「畑作害虫防除におけるニーム資材の利用と問題点」、大村氏は「ニーム樹によるシロアリ行動制御の可能性と問題点」について話し、山下氏はニームの農業用資材は農薬の補完的な利用が現実的と指摘した。

|

« 9月10日(木)に第2回目のニームシンポジウムを開催 | トップページ | バリ島で売っていたニームの蚊除け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69981/46528284

この記事へのトラックバック一覧です: 農薬補完利用とシロアリへの効果について、2氏の講演:

« 9月10日(木)に第2回目のニームシンポジウムを開催 | トップページ | バリ島で売っていたニームの蚊除け »